満月と川、そして日本酒

テレビのアンケート等で、「料理人」のことを尋ねられたとしたら、あなたはどんなことを答える?「幸せ」は、人によって受け止め方が違うなのかもしれない。

TOP PAGE

月が見える土曜の午前に焼酎を

晩酌などの酒のおともに、絶対健康に良い物を!と考えている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、キュウリ。
もっと前はサンマ。
で、最近は、鰻だけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
先日新メニューを発見した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し整えたもの。
大分コストは低め、KCALも低い気がしませんか。

曇っている休日の明け方に焼酎を
今日は、一カ月ぶりに雨が降った。
サビキ釣りの約束をいとことしていたが、雷まで鳴っていたので、さすがに危なくて行けそうになかった。
あとで外を見たら、雨がやんだので、やっぱり行ってみるということになったのだが、釣りに行く準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨がやんだから釣り場に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を車に入れていた。
えさも買って用意していたのに残念だった。
天気のよい休みにと話して釣りざおなどをなおした。
明日からは雨じゃないらしい。
なので、次こそ行こうと思う。

気分良く熱弁する先生とわたし

最近のネイルは、ジェルなど、非常に高い技が駆使されているみたいだ。
ちょっぴり安くなる招待券をくれたので店に行ってみた。
かなり、柄やデザインに対して、こだわってしまうので、決めるのに時間を使った。
小指と薬指に、特別にアートをしていただいて、とてもご機嫌になった。

泣きながら口笛を吹くあなたと俺
人それぞれに、好きなものや好みが存在すると思うけれど、それをリサーチするのが大好き。
仲のいい子に問いかけてみたところ、まとまったお金、良い生地の下着、お母さんのことが好きとの事。
さらに、男性の血管の出た腕。
それと、ドイツ語の響き。
自分には不明。
リンゴ飴、素肌の上にニット、香水、声の高い女性が好きだと、言ってみた。
同じく分からないと言われた。
まさにこれが、フェチという言葉がぴったりだという。

風の強い週末の夜に昔を懐かしむ

午前中、時間にゆとりが作れたので、ゲオに来店した。
新たにウォークマンに入れるミュージックを探すため。
最近、しょっちゅう聞いたのが西野カナ。
いつも聞いているのが洋楽。
ワールドミュージックもクールだと思っている。
そう思い立って、今日は借りたのは、アリゼだ。
甘いヴォイスと仏語が良い感じだと思う。

喜んで走るあいつと俺
日頃、EくんがくれるMAILのなかみは、一体何のことを話したいのか何も分からない。
飲んでてもシラフでもよくいまいちだ。
だけど、彼が仕事の一環で考えたという、商品とおすすめについての文を見た。
まともな日本語を書いてる!と感心した。

怒って口笛を吹く家族と枯れた森

20歳のころよりNHK教育テレビを見ることがたくさん増えた。
昔は、父親やひいじいちゃんが見ていたら、民放のものが見たいのにと考えていたが、このごろは、NHKが嫌ではない。
年配向け以外のものがめちゃめちゃ少ないと思っていたのだけども、このごろは、若者向きの番組も多くなったと思う。
それから、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でない内容のものや息子に悪い影響がものすごく少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえものすごく暴力的のように見える。
毎週殴って終わりだから、私の子供も真似するようになってしまった。

無我夢中で話す彼女と飛行機雲
見入ってしまうくらい美人さんに会ったことがありますか?
過去に一度あります。
電車の中で20代前半くらいの人。
女の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という本人の努力もあると思います。
だけど、内面からにじみ出るオーラはたぶんありますよね。
世の中には魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

勢いで歌う姉ちゃんと濡れたTシャツ

どんなことでも一個の事を、ひたすらコツコツ続けているような人に拍手を贈りたい。
スポーツでも、写真でも、凄く目立たない内容でも。
一年に一度、いつものメンバーと、あのホテルに宿泊する!というような事も良いんじゃないかなと考える。
習慣的に地道に続けると最終的には実用レベルまで達することがあるだろう。
わたしは、幼いころにピアノと油絵を教わっていたが、また学習したいな。
こう感じるのは、空き部屋のの角におばあちゃんに貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一度学びたいとという理想がある。

気持ち良さそうに大声を出すあの人と履きつぶした靴
太宰の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの想いも分かるな〜と考えた。
主役の葉ちゃんは生活するうえで必ず持ち合わせている感情を、大分抱えている。
そういった部分を、自分の中だけに隠さないでビールだったり女性だったりで発散させる。
最後は、葉ちゃんの知り合いのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
そこで、主人公の葉ちゃんは器用ではないんだと、まじで悲しく感じてしまう。

Copyright (C) 2015 満月と川、そして日本酒 All Rights Reserved.

TOP
PAGE